結婚指輪はサイズもポイントです

指の長さや太さは個人差も大きいので、結婚指輪を選ぶ時にはサイズも重要なポイントになります。

殆どの場合既製品から選ぶと思いますが、結婚指輪といえばシンプルなストレートラインのタイプが定番となっています。

素材はプラチナかゴールドが主流ですが、金属アレルギーを起こしにくいチタン製の物もあります。

購入する時には必ず試着をしますが、同じ人でも午前中と午後では指のサイズが変わる事があります。

特に冷え性の人はむくみやすい特徴がありますし、妊娠すると一時的に太るので指輪がきつくなる事があります。

こういう場合は一時的に外して、ネックレスなどに付けておく人もいますが、太ると同時に指も太くなるのでサイズが合わなくなってしまう場合もあります。

指輪は適度に余裕があり尚且つ、指に適度にフィットしているのが理想のサイズです。

指輪自体の太さにもよりますが、結婚指輪をオーダーメイドする場合は、少し幅が太めになる事もあると思います。

こういう場合は普段選ぶサイズよりも少し余裕を持たせておくと、つけ心地にも影響せず快適です。

健康な人でも体調や季節によっては、体がむくむ事がありますので、指輪がきつく感じてしまうかもしれません。

サイズに対する考え方も人それぞれな部分はありますが、常に指に食い込んでいる状態よりも、多少余裕を持たせておく方がつけ心地は数倍アップします。

リング選びの時は、サイズに関しても慎重に見極めていきましょう。

関連サイト=>【結婚指輪のサイズ選びのポイント